コンセントの歴史や増設について

増設にかかる費用について

 皆さんは家にどのくらいの数のコンセントを設置していますか、パソコンや料理をしている場所ではどうしてもコンセントの数が足りないということがあると思います。その時に考えたほうがいいのがコンセントの増設です。コンセントの増設と言っても自分じゃできないし業者に頼むと高くつくからいやだなと思っている人もいるかもしれませんが、実は自分でもコンセントは増設することができます。穴をあける道具やあと配線をつなぐのに必要な道具を揃えれば自分でも手間はかかりますが安く増設することができます。じゃあどれぐらいの値段がかかるのという疑問ですが、家にありそうなものは除いて2000円もあれば増設することができます。しかしこれは自分の家でやった場合の値段で家によってはかかる値段が増えるかもしれませんが大体このぐらいの値段で増設できます。

コンセントの歴史について

 まず今は簡単に一般人でも増設できるようなコンセントが完成していますが、昔はとても複雑でとても一般人では扱える代物ではありませんでした。まずコンセントの語源ですが、その名前を作ったのは東京電力で最初は差込口と差込プラグを一緒にコンセントプラグと言っていたのですが、社員がその後、壁につけるのをコンセントそして差込プラグをプラグと分けて、それで今の名前が付きました。それで一番初めに発行した年は、大正13年と言われていますが最初のものと今使っている物は全然違いもっと使いやすいように改良していった結果今のような形になったとされています。その後複雑だったコンセントをシンプルに改良そして今では、素人でも増設できるような仕組みになっています。